医院ブログ|赤坂フォーラムデンタルクリニック

tel
無料カウンセリング 無料メール相談

10:00 ~ 19:00(水曜・土曜は18:00まで) 休診日 木曜・日曜・祝祭日

キービジュアル

【歯科研究】自分の論文(BTAテクニック)日本歯科評論に掲載される

2010年07月31日

僕が開発し、10年以上前から研究し経過観察をしてきた治療法(BTAテクニック)が、日本歯科評論という歯科医師向けの月刊誌の6月号と8月号に掲載されました。どんな治療法かというと、セラミッククラウンやラミネートベニアの治療を行う際に、同時に歯肉のラインを整える治療法です。
歯肉のラインは、きれいな歯並びに見えるためには、とっても重要です。上の歯の先をつなげたラインは、下唇のラインに平行に弧を描いた状態が、きれいなスマイルラインとなります。しかし、それだけでは、完全ではありません。歯肉のラインが左右対称であり、またそれぞれの歯によって適切な歯肉のラインを描く必要があります。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、この歯肉のラインを整えることによって、格段に審美性が増して、きれいな歯並びに見えてくるのです。
通常、歯肉のラインを整えるために、大掛かりな歯肉の手術をしたり、矯正治療をする必要があります。しかし、BTAテクニックは、セラミッククラウンやラミネートベニアに特殊な形態を作って、歯肉ラインを整えるのです。
興味ある方は、ホームページに出てますので、こちらをご覧下さい。
http://forum-dental.com/bta