医院ブログ|赤坂フォーラムデンタルクリニック

tel
無料カウンセリング 無料メール相談

10:00 ~ 19:00(水曜・土曜は18:00まで) 休診日 木曜・日曜・祝祭日

キービジュアル

審美歯科BTA研究会 10周年記念祝賀会

2024年05月1日

2024年1月21日に、私が会長を務める審美歯科BTA研究会の10周年記念祝賀会を銀座のTHE GRAND GINZAで開催しました。この研究会は、私が開発したBTAテクニック®︎を世界に広めるために設立した研究会です。10年の間に、セミナーを16回開催し、勉強会を23回開催しました。1500名を超える先生方にご参加頂き、学会での発表も活発に行ってきました。多くの方々のご協力のおかげで、10周年を迎えることができ大変嬉しく、皆様に感謝申し上げます。

赤坂フォーラムデンタルクリニック院長
坪田 健嗣

2019年 サンフランシスコで教育講演 赤坂フォーラムデンタルクリニック 坪田健嗣

2020年04月19日


2019年9月4日よりアメリカ、サンフランシスコで開催されましたADA(アメリカ歯科医師会)とFDI(世界歯科連盟)併催のワールドデンタルコングレスにて、60分の講演とポスターセッションを行ってきました。
講師に選ばれたことは、たいへん光栄であり嬉しいことです。
私の開発したBTAテクニック®の話に、多くの受講者は熱心に聞き入っていました。後から学会から送られてきたレポートでは、なんと87%の方が、もう一度講演を聞きたいということに驚き、大きな手応えを感じました。

[歯の治療] 被曝量が少なく安心な最新歯科用CTを導入しました! 赤坂フォーラムデンタルクリニック

2018年08月9日

当院では、被曝量が少ない最新の歯科用CTを導入しました!
この最新CTの被ばく量は、医科用のCTの被曝量と比較すると1/50だそうです。また、東京からニューヨークまで飛行機で往復すると、0.19mシーベルトの被曝があるそうですが、その約1/5の0.04mシーベルトとのことです。

この機械で通常のレントゲン写真も撮れますが、今まで使用していた機械と比べて雲泥の差で、きれいに写ります。また、今まで現像処理が必要だったのがなくなりましたので、あっという間に画像を見ることができるようになり助かっています。

歯科用CTの最も恩恵を受けるのは、インプラント治療です。骨形態、骨密度、神経、血管、上顎洞(副鼻腔)が3次元で見れますので、適切で安全な治療を行う大きな手助けとなります。

赤坂フォーラムデンタルクリニック
院長 坪田健嗣

[歯の治療] セラミッククラウンを入れた後に、根本が黒くなる原因と解決方法、予防法は? 赤坂フォーラムデンタルクリニック

2018年08月9日

セラミッククラウンを装着した後に、根本が黒くなってお悩みの方が結構多いです。

黒くなるのは、いったいなぜでしょうか?
その最大の理由は、歯肉が退縮して(やせて)黒く変色した歯根が露出してしまうからです。
最近では、あまり金属を使わなくなってきているので、金属が露出するということは少なくなってきました。

では、その解決方法について述べたいと思います。
完全にきれいに治すには、セラミッククラウンを入れなおすことが、必要です。
しかし、そうもできない場合には、二つの方法があります。
一つは黒い部分を少し削って、白いレジン(プラスティック)をつめる方法です。
もう一つは、歯肉を移植したり、移動して黒い部分を隠す方法です。外科手術が必要になります。

予防法も述べたいと思います。
歯肉の退縮を防ぐためには、
1、精度の高いセラミッククラウンを入れる 
2、歯肉の厚みを保てるようなセラミッククラウンを入れる・・・BTAテクニック®やBOPTが有効
3、強く歯ブラシをしない

BTAテクニック®は、歯肉退縮を起こしにくくするだけでなく、外科手術をしないで歯肉ラインを整えることができます。

赤坂フォーラムデンタルクリニック
院長 坪田健嗣

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

contact お問い合わせ

tel.03-3585-8519

10:00 ~ 19:00(水曜・土曜は18:00まで)休診日 木曜・日曜・祝祭日

  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談

このページの先頭に戻る